2005年08月21日

発酵式CO2再開

久し振りに発酵式CO2をやってみようかなぁと・・・
材料のストックはあるし器具は前回作ったのがあるのでタネ作るだけ。

おいらのレシピはこんな感じ(1リットルPETの例)

(1)水道水500mlを鍋で暖めて上白糖500gを溶かしきる。
(2)ゼラチンパウダー5gを投入して混ぜる。
(3)全て溶かしきったらPETに入れ室内放置で冷ます。
(4)冷蔵庫に入れて冷やす。


・・・寒天状に固まったのを確認したら

(5)PETを室内放置して室内温まで暖める。
(6)イースト菌小さじ一杯をぬるま湯で溶かしてPETに投入。
(7)一時間ほどそのまま放置後、泡を出し始めていれば完成!


CIMG5155.jpg

材料の配分は水100:上白糖100:ゼラチン5(夏場使用)
夏場は発酵速度が速いのでゼラチン5としているが冬場は少し少なくした方がいいように思う。

CIMG5194.jpg

今回はディフューザーのエアレーションに混ぜる仕様とするため三方コックに接続する。エアー取り入れ口を開放していても負圧でCO2が大気開放されることは多分無いでしょう。

・・・といつものお気軽な推測で開始

CIMG5197.jpg

発酵が終わるまでCO2は垂れ流しになるので、もう一方のコックを微調整して程よく空気を混ぜてやる。

ここが今回のセッティングのみそ。

CO2の効果はあまり期待できないが生体の方が大事なので少しこの状態で様子を見ることにする。



【送料無料】HDDタイプ5GB大容量MP3プレーヤーが27,999円〜!



ニックネーム awatohamon at 14:38| Comment(4) | TrackBack(0) | コトブキダックスC60 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
発酵式やってる人って凄いなぁ〜って思う。
自分には無理だぁ。。
でも、その手間の分水草は綺麗に育つんですね!
Posted by みなと at 2005年08月22日 06:03
>みなとさん
仕掛けだけでも作っておけば後はタネ作るだけですからたいしたことはないですよ〜。それにボンビーだからやってるだけですよ〜(笑)
Posted by awatohamon at 2005年08月22日 17:39
えー性格的な部分が多いと思いますが、発酵式に
チャレジンさえした事がないレガです。
いつかはとおもいながらも、全く勉強しない自分。
そして今回もまたいつかはと思っている自分です^^;;;
Posted by レガ at 2005年08月22日 23:09
>レガさん
本当は水槽に余計なものは入れたくないんですが暇になると工作意欲が分泌されてついつい作っちゃうんですよね(汗)。レガさんの美しい水槽には発酵式は似合わないですよ。
Posted by awatohamon at 2005年08月23日 11:20
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/48907
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック