2008年03月16日

設置してみた

仮設置の図
90サイズ用の水槽台なので、荷重分散をと
この時は水槽の下に板を敷いていましたが、
つるつる滑るので最終的には撤去しました。

DSCF1982.jpg

現在の水槽模様
セッティングの途中経過は割愛してますw。
というか写真撮る余裕が無かったのが正直なところ

レイアウトのセンス、未だに微塵の欠片も見当たりません。
メンテ重視の入れポン出しポン仕様ですw

DSCF2191.jpg

既に生体投入してますw

旧メイン水槽から水+生体をポリタンクで
そのまま移送していたので、ポリタンクから
換水がてら新水槽へ水を移し、二日程外掛けフィルター
で水を廻した後に生体移動しました。

前回の引越し時も同じ手法で、一匹も落ちることは
無かったため今回も採用しました。

あと今回、初めて使ったサーフェーススキーマーですが・・・
効果抜群、キラキラ水面が維持されて気持ちのいい事いい事w
油膜には結構泣かされていたので非常に助かります

白いボディは当初思ったほど気にはならなかった。
汚れてきた時にどんな感じになるか見もの・・・

取り付け時に吸水パイプのカットが必要なので、
事前の取り付けシミュレーションが大事です。

DSCF2198.jpg

しかし・・・
私の調整が悪いのか、どうも吸い込みが弱く感じたので
チェックしてみると吸水パイプとの継ぎ目から結構吸ってる
状態だったのでちょいと加工してみることにした。

附属スペーサーで吸水パイプに直接取り付けるのではなく、
隙間を塞ぐ形にシールテープで加工した12/16ホースを
間にかませてみました。

附属のスペーサーに比べて固定具合は良いようです。
吸水の問題も若干改善されたように見えます。

DSCF2197.jpg

決して推奨している訳ではありませんので
もし真似をされる方がいらっしゃった場合、
あくまでも自己責任でお願いしますね!


ニックネーム awatohamon at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ADAキューブガーデン60P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1320897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック